請求管理代行サービスの選び方

請求管理代行サービスを検討している方へ、失敗しない「請求管理代行」サービスの選び方を教えます。世の中に様々ある中で、どこに依頼することが最良なのか。本記事ではこの選び方について解説します。

 

【目次】

①請求管理代行サービスの選び方

②請求管理代行サービスの料金相場

③失敗しないために!注意するべきポイントとは?

④まとめ:請求管理代行に強い税理士の選び方

⑤お問い合わせ

 

①請求管理代行サービスの選び方

請求管理代行サービスを検討されている方には、数あるサービス提供元の中で「どこに依頼すればいいのかわからない」「どうやって選べばいいのかわからない」という方が多いかと思います。以下では、サービスを選ぶ際のポイントについて、ご説明いたします。

請求管理代行サービスの活用をおススメするお客様の特徴については、こちらのページで触れておりますので、まだご覧いただいていない方はぜひご覧ください。

(1)自社の状況の把握

(2)コスト

(3)対応しているサービス

(4)業務のスピード

 

(1)自社の状況の把握

請求管理代行を依頼する際にはまず自社の状況を把握する必要があります。

「請求管理」といっても、与信審査、請求書発行、入金管理、督促、代金回収などその中身は細かく分かれています。代行サービス会社を選ぶ際には、どの業務を依頼したいのかを明確にする必要があります。自社の工数を使っているのはどの業務なのか、どれくらいの工数を費やしているのか、どの業務を依頼すればいいのかをまず把握しましょう。

 

(2)コスト

請求管理代行サービスを利用する際、主にかかる費用は以下となります。

・初期費用

・手数料

・毎月の固定費

料金体系は代行サービス会社ごとに大きく異なります。社によっては、「毎月+保証料」のように、データのの保証料なども請求される場合があります。料金体系ごとに毎月、毎年発生する費用を見積もりをし、導入するサービスを最適な費用で選定していく必要があります。

 

(3)対応しているサービス

(1)で説明した通り、「請求管理」といっても、その中身は細かく分かれています。そのため、「請求管理代行のサービス」の内容も代行サービス会社ごとに異なっています。どのようなサービスを自社が求めているのかを明らかにしたうえで、自社に合致したサービスを選定していきましょう。

 

(4)業務のスピード

請求管理は、スピードが求められる業務です。商品・サービスのやり取りがあった際にすぐに請求、入金を行わないと、トラブルに発展しかねません。また、企業にとっても、商品・サービスの提供後すぐに入金されたほうが、資金繰りが安定します。請求管理を正確に行っているのは当然として、業務のスピードが速い代行サービスを選定しましょう。

 

ここまで、選び方のポイントをご説明してきました。次章では、請求管理代行サービスの料金相場についてご説明します。

 

 

 

②請求管理代行サービスの料金相場

結論から伝えると、「請求管理代行サービス」といってもその中身は細かく分かれており、サービス会社によって大きく異なるため、一般的にいくらからできますという表現はできません。

ただし、どういう基準で料金が決まるのかというポイントは整理できますので、主に以下の3つのパターンで説明いたします。

(1)毎月の料金が固定であるパターン

(2)契約期間の長さによってひと月の料金が変わるパターン

(3)従量課金(業務課金)

以下、詳しくご説明していきます。

 

(1)毎月の料金が固定であるパターン

契約締結時に決定した業務の報酬として、毎月決まった料金を支払う方式です。契約締結時に決定した業務以外の業務を依頼する際には、契約の再締結、追加料金の支払いが必要となる場合があります。メリットとして、「出費の見積もりがしやすい」という点が挙げられます。

月額固定の場合、時給2000~4000円が相場となっていますが、依頼する業務によっては、この料金が前後する場合があります。

 

(2)契約期間の長さによってひと月の料金が変わるパターン

「月30時間まで」「月15日まで」というように、月に働ける時間がいくつか定められており、それを選んで契約を締結する方式です。一般的に、期間が延びるほど料金が高くなります。メリットとして、出費の見積もりがしやすい、自社の状況に合わせて選択できる点が挙げられます。しかし、代行業者に任せる仕事が多く時間内に終わらなかった際には、自社内で残った業務に取り組む必要がある場合があります。

 

(3)従量課金(業務課金)

「書類1枚150円」などと、単価や時給が設定されており、月の処理数や業務時間によって料金が変動する方式です。メリットとして、仕事量に応じて料金が発生・確定するため、支払いの過不足が発生しにくい点が挙げられます。デメリットとして、月末にならないと料金が確定しないため、出費の見積もりがしにくい点が挙げられます。しかし、「請求管理業務を無駄なく全て外注できる」ことは企業にとって大きなメリットとなるはずです。

 

 

 

③失敗しないために!注意するべきポイントとは?

ここまで、請求管理代行サービスの選び方についてのポイント、料金についてご説明してきました。この章では選び方を失敗しないために、注意すべきポイントについてご説明します。

 

(1)価格設定をしっかり確認する

「コストの安さから一番安いサービスを無条件で選んだ結果、求めていたサービスが受けられなかった。。」「諸々の追加契約を結んだ結果、高くついた。。」これでは本末転倒です。Webサイト上では、最低価格が提示されている場合がほとんどです。月額基本料金や追加料金を請求され、結局高くついてしまうケースがあります。料金とサービス内容をしっかりと確認しましょう。

 

(2)運営元を確認する

請求管理サービス自体は、無資格で経験がなくても提供できるサービスです。しかし、与信審査、経理書類の作成、請求書対応などは、専門知識になる業務です。会計事務所が運営元であるという点はチェックすると良いでしょう。

 

(3)守秘義務契約を確認する

最後の契約面で気を付ける必要があるのが「守秘義務」です。請求書や与信管理は、自社や取引先の経営情報を開示するものです。税理士は法律で守秘義務に対して定めがある一方で、民間の業者ではその点が法律で定められておりません。のちのちにトラブルに巻き込まれないためにも契約段階で守秘義務について触れているか確認しましょう。

 

 

④まとめ:請求管理代行に強い選び方

ここまで、請求管理代行の選び方、料金、注意すべきポイントについてご説明してきました。

会社の経営上重要なデータを外部に持ち出して作業をしてもらうため、安ければいいというものではありません。きちんとした税理士に依頼する方が良いでしょう。

その中でも、会計ソフトが多種多様に増えている今であれば、対応できるソフトが多い税理士さんを選ぶことをおすすめします。ITが加速する現代社会では、IT知識が豊富な税理士は積極的に対応可能な会計ソフトを増やしている傾向にありますので、一つの指標として参考にしてください。

 

また、守秘義務の点でも触れたように、情報管理をきちんと訴求している税理士がおすすめです。

Webサイト上で確認できない場合は、一度お電話で問い合わせしてみてください。

 

最後に、やはり最終は人と人の繋がりという点になります。

既存でのお付き合いがある税理士さんがいるというお客様も多いですが、中には、「顧問料を払ってるのに何もしてくれない」「年代が離れすぎていて話がかみ合わない」と言ったお悩みを持っている方からもご相談をいただくことがあります。

コミュニケーションがしっかりと取れ、一緒にビジネスを進めていきたいと思えるパートナーをこの機会に探してみてはいかがでしょうか?

 

⑤お問い合わせ

当社では、こうした「請求管理のお悩み」を解決をサポートいたします。

貴社の環境に応じて、必要なサポートを様々ご提案させていただいております。もちろんご相談内容は守秘義務により厳重に守られますので、ご安心ください。

完全無料!オンライン面談OK!まずはお気軽にご連絡ください!

 

 

また、「経理・税務業務の外注を検討しているが、どの代行を選べばいいのかわからない」とのお声から、当社ではチェックリスト付きの資料をご用意致しました。 事前に資料をご確認いただくことで、より自社での落とし込みがしやすくなるかと思いますので、ぜひご確認・ご活用ください。

 

 

 

お気軽にご相談・お問い合わせください! tel:0120-758-250

経理代行ご依頼のきっかけ

こんな経理の課題をお持ちの方、
経理代行サービスがおすすめです!

  • 社員に経理をまかせられない方へ社員に経理をまかせられない方へ
  • 親族が経理をやっている方へ親族が経理をやっている方へ
  • 経理が辞めてしまった方へ経理が辞めてしまった方へ
  • 経理を改善・効率化したい方へ経理を改善・効率化したい方へ

サービスメニュー

経理代行サービス お客様の声はこちら経理代行サービス お客様の声はこちら

事務所情報

  • AREA

    名古屋・知多を中心に愛知県内全域に対応しています!
  • ACCESS MAP

  • OFFICE

    株式会社
    葵コンサルティング

    ▼名古屋オフィス
    〒460-0024
    愛知県名古屋市中区正木3-13-17
    BPRレジデンス金山 1F

     

    ▼知多オフィス
    〒478-0065
    愛知県知多市新知東町
    2-24-7

このページの上部へ